UA-60262750-23
 

中村法律事務所|弁護士|法律サービス|交通事故、相続、労働事件、慰謝料、後遺障害、セクハラ、パワハラ|岡山県岡山市

 
 

交通事故のことなら経験豊富な中村法律事務所へ

交通事故のことなら経験豊富な中村法律事務所へ
 
交通事故に逢われたら
交通事故に不幸にも遭われた場合は、次の点を覚えておいて下さい。
警察へ通報して事故処理をしてもらう
加害者の連絡先及び保険の加入有無及び連絡先を聞いて下さい。
修理先の工場を保険会社へ連絡する。
お怪我をされている場合には速やかに病院で治療を受ける(事故後2週間を超えると因果関係が否定されます)
保険会社人身担当者から治療打ち切りの話しがあったらすぐに弁護士に相談しえ対応策を考える
などです。
特にお怪我をされた場合には、あきらめると後から回復不能な事態おありますので、十分気をつけて下さい。
 
 
 

交通事故には意外な落とし穴がたくさんあります。

交通事故には意外な落とし穴がたくさんあります。
 
交通事故から2週間以上経過して治療にいっても、事故と因果関係がある治療とはみなされず、治療費の支払を保険会社から拒否されます。忙しくて治療にどうしても行けない場合には、救急診療を受けましょう。専業主婦の場合で治療された場合には、主婦休損として1日5700円受給することが可能です。
 
治療をする場合、整形外科ではなく、整骨院への治療をされる方もいますね。ただ、整形外科には最低1か月に1回は治療しないと、その後治療を認めてもらえないことが大半ですので、気をつけて下さい(整骨院に受診していても、整形外科で受診することが肝要です)。
 
交通事故の人身の慰謝料はどの程度あがるのでしょうか。既婚者の女性の場合は、主婦休損が1日5700円認定されます。実通院日数が30日程度であれば、全額認められることもありますが、90日とかになるとなかなか全額認められません。慰謝料も通常は4200円×2×実通院日数となります。弁護士が交渉する場合は赤本基準で提示します。示談案をよくみると主婦休損が0で提示されていることもあります。示談前に弁護士にチェックしてもらった方が無難です。
 

動画

動画
 
 
中村法律事務所の特徴
損害賠償額の増加額が報酬額を下回る場合、その不足した分の弁護士報酬は一切頂きません。
弁護士費用特約に加入している場合の弁護士費用は、通常の民事事件の基準に基づき着手金・報酬金の計算を行ないます。
 

ご相談について

ご相談について
 
土曜、日曜、祝日、夜間のご相談も可能な限りお受けいたします。
・交通事故・人身障害事故に遭われ、入院中または事務所へのご来所が難しい場合は、可能な限り出張相談に伺います
 
交通事故は知らないことばかり
 交通事故でお怪我をされた場合、事故後2週間以内に病院に行かないと、事故として治療を受けれません。救急病院でもいいので少なくとも5日以内には受診してください、また、その後、最低1か月に1回は整形外科の病院へ(整骨院ではなく)通院していないと、治療終了とみなされます。忙しくていけなかっただけなのに・・・
 専門家からすれば常識ですが、知らない方も大勢いられます。あの時、弁護士に相談していればと後悔しても後の祭りです。そうならないためにも弁護士に相談することをお勧めいたします。
 
 
交通事故のトラブル
 せっかく整形外科での受診もでき、治療が認められた・・・
 事故からまだ1か月しか経過しておらず、首、腰、頭も痛い・・
 ところが突然主治医から「そろそろいいのでは・・」と切り出された。
 あなたならどう対応しますか。そういう時こそ弁護士に相談し、病院を転院すべき時です。
 そこで、治療を終了したならば、保険会社はその後、一切対応してもらえません。
 いくら痛みが残っても、後は自己負担で通院するしかなくなります。
気をつけてください。
   

交通事故に強い弁護士をお探しなら

交通事故の被害に遭って慰謝料請求や後遺障害のことでお困りなら交通事故に強い弁護士にご相談ください。
弁護士に相談することで慰謝料の増額が見込めたり、自分で面倒な手続きをする必要もありません。中村法律事務所では交通事故被害に遭われた方の無料相談を行っています。土曜・日曜・祝日、夜間のご相談や来所が難しい方も可能な限り相談をお受けいたしますのでご安心ください。弁護士費用も着手金は0円で対応いたします。
qrcode.png
http://naka-law-office.jp/
モバイルサイトにアクセス!
012873
<<中村法律事務所>> 〒700-0824 岡山市北区内山下2丁目1-12西村ビル6階 TEL:086-223-1751 FAX:086-226-1205